塾、家庭教師の正しい選び方今のお子さんのレベルにピッタリの勉強方法とは?

TOP > 教育ニュース > 公立学校が廃校に!

教育ニュース

公立学校が廃校に!

文部科学省は3日、2009年度中に廃校となった公立学校が526校に上ったと発表しました。
少子化や市町村合併などで、年度別廃校数のデータがある1992年度以来、4年度の576校に次いで多かったようです。

学校種別では、小学校332校、中学校87校、高校94校、特別支援学校13校となっています。
92年度以降の廃校数は5796校です。

同省は、廃校の施設を企業やNPOに活用してもらうよう呼び掛けています。廃校となり建物のある3310校のうち、今年の5月1日時点で30.7%の1015校で建物が活用されていなかったそうです。
さらに、今回初めて、廃校ではないが在校者のいない休校の情報を調査しました。休校の454校のうち、37.4%の170校で施設が利用されていなかったようです。

少子化が問題になっているという事は、知っていましたが、こんなにも廃校になる学校が増えているという事はこの記事で始めて知りました。
改めて少子化が、重大な問題だということに気づかされました。政府がもっと少子化の問題を重く捉え、早く少子化問題の解決策を考えるべきだと思いました。


岐阜の家庭教師デスクスタイル電話によるお問い合わせは 0120-719-817 pm2:00-10:00(土日祝日OK)

※今なら特別に、無料体験を申し込んでいただいたご家庭に限り、『岐阜県高校受験情報小冊子』を無料で進呈させていただいています。興味のある方は0120-719-817(pm2:00~10:00)まで、お早めにご連絡いただけたらと思います。

ページトップ