塾、家庭教師の正しい選び方今のお子さんのレベルにピッタリの勉強方法とは?

TOP > やる気と成績アップの秘訣 > 暗記のコツ

やる気と成績アップの秘訣

暗記のコツ

「暗記がどうしてもできないみたいで~」
人間の脳は、自分の興味あることはいくらでも記憶できますが、そうでないものは、時間をかけてもなかなか記憶できません。ですから、ただ単にひたすら書いて覚えるのではなく、何かしらと関連づけて記憶する必要があります。


各教科の暗記のコツ

漢字

覚える漢字をひたすら書くという記憶法は、楽しくないですし、あまりおすすめできません。なので、単語を連想しながら書く練習をしていき、記憶に結びつけていきます。
例えば「語」という漢字を覚えたい時、「英語」「フランス語」「語句」など。


公式

公式の成り立ちや意味も理解していきます。
意味まではテストに出ない場合もありますが、公式をしっかり理解・記憶することができます。また、公式を覚えた時に、同時に問題のパターンも把握していくことで、テストで使える記憶につながります。


社会

社会の場合、語句の一つ一つが深い関連性を持っています。ですから、例えば「織田信長」と「豊臣秀吉」は上司と部下の関係である、というように、覚えたい語句がある時は、それを関連づけて覚えていきます。また、図や表を見ながら、全体的なイメージして記憶をすると、長期的な記憶にもつながります。


理科

理科の暗記の場合、テスト前に慌てて教科書やノート、問題集を見直そうと思っても、とても効率が悪くなります。理科で暗記すべきなのはむしろ、授業の実験中、ノートを取る時です。例えば、実験中に今何の実験をしているのか把握するとか、先生が何の話をしているのかを把握してノートにまとめるなど、授業中にできるだけ覚えて、家では見直しをするのがベストです。


英単語

単語の意味する、物・行為をイメージしながら覚えます。また、単語だけを見ながら覚えるのではなく、英文全体の中の単語として覚えるくせをつけましょう! 例えば「this これ」と覚えるのではなく、「this is a pen これはペンです」の中の「this」とイメージして暗記していきます。単語ではなく、言葉として覚えていくのがコツになります。


岐阜の家庭教師デスクスタイル電話によるお問い合わせは 0120-719-817 pm2:00-10:00(土日祝日OK)

※今なら特別に、無料体験を申し込んでいただいたご家庭に限り、『岐阜県高校受験情報小冊子』を無料で進呈させていただいています。興味のある方は0120-719-817(pm2:00~10:00)まで、お早めにご連絡いただけたらと思います。

ページトップ