塾、家庭教師の正しい選び方今のお子さんのレベルにピッタリの勉強方法とは?

TOP > 不登校サポート > 指導方針

指導方針

段階に合わせた指導

デスクスタイルで出会う子どもたちは、ほとんどが休んでいる期間の勉強ができていません。
そのため必然的に、前の学期、前の学年の勉強をふりかえる必要があります。

私達は生徒の勉強がわからなくなっている基礎まで戻って、根気よく丁寧に教えて来ます。小学生の内容まで戻る子も少なくありません。
今まで、「全く勉強していない」、「ペンを握るのも久しぶり」という子も、分かる問題が少しずつ増えて来ると自信がついてきます。褒めながら、明るく楽しい雰囲気で指導をする事を心掛けています。

家庭学習のサポート

学校の授業はお子さんが休んでいる間確実に進んでいます。
学校で授業を受けていないなら、やはり家で勉強をしないといけません。それに、家庭教師が折角教えた勉強も、復習をしなければわすれてしまいます。

ただ、「うちの子が家で勉強なんてやるかしら・・・?」と不安になったお母さん。
今まで全く勉強しなかったという子に毎日2時間、3時間勉強をしろ!と言っても出来るものではありませんよね。勉強の習慣をつけていくにはうまく生徒の段階に合わせて行く事が大切なんです。

ですから、すでに家庭学習の習慣がついている子なら宿題の量も多めに出しますが、全く家で勉強をしていないという子なら「一日10分」でもいいんです。まずは机に向かう習慣からつけていきましょう。

※お子さんの状況によって指導もペースは柔軟に変えていく事ができます。
家庭教師開始の最初の頃は、「まずは家庭教師に慣れるために宿題を出さない」という指導方針を取っているご家庭もあります。

生活面の相談や進路のアドバイス

不登校のお子さんの中には「家族にはいえない悩み」を抱えている事も多くあります。また、コミュニケーション不足により更に人と積極的に接する事が苦手になってしまうという悪循環に陥る事もあります。
私達デスクスタイルの家庭教師はお子さんと年が近い先生も多い為、仲の良い兄弟や信頼出来る友達のようになって、メンタル面での力にもなってあげられると思います。
デスクスタイルで見ているご家庭のなかには「親が言ってもやらないけど、先生に行ってもらうとすぐやるのよ」というお家もたくさんあります。

一人で悩まないでください

「こんな事、誰にも相談できない。」
「他の不登校の子はどうなのかしら?」
「進路についてはどうなるのかしら?」
と、気になって仕方ないけど、なかなか気軽に相談する事でもないので一人で悩みを背負い込んでしまっていませんか?

不登校のお子さんを持つお母さん方は多くの悩みを抱えています。
デスクスタイルは事務所にサポート・相談専門のフタッフもおります。
不登校の事について、進学の事について何でもご相談下さい。


岐阜の家庭教師デスクスタイル電話によるお問い合わせは 0120-719-817 pm2:00-10:00(土日祝日OK)

ページトップ