塾、家庭教師の正しい選び方今のお子さんのレベルにピッタリの勉強方法とは?

TOP > 不登校サポート > 卒業後の進路 > 全日制高校(公立・私立)

卒業後の進路

全日制高校(公立・私立)

全日制高校とは、いわゆる一般高校と言われる、中学を卒業した子のほとんどが進学する高校のことを指します。
通常、公立の場合は「特色化選抜」と「一般選抜」、私立は「推薦入試」「一般入試」と、それぞれ受験する機会が2回ずつあります。

不登校だった生徒の合格の可能性:

公立高校の特色科選抜・・・
不登校、もしくは不登校だった期間がある子の場合、公立の特色化選抜を受験することは可能ですが、合格の可能性はかなり低くなります。
私立高校の推薦入試・・・
欠席が多いと推薦を受けられず受験することができません。
結論:
したがって、全日制高校を目指すには、公立の「一般選抜」と私立の「一般入試」のどちらかで合格するしかありません。

また、不登校のお子さんを持つご家庭からよく「欠席日数はどれくらい入試に影響しますか?」といった質問を頂きますが、実は一般選抜・一般入試ともに、出席日数はほとんど影響しません。ですから、不登校による長期欠席も気にする必要はありません。

ただ、ここで注意すべき事が2点あります。

1.不登校の状況について。

欠席日数を気にする必要はありませんが、不登校(だった)という事実は受験先の高校に伝わります。
もちろん不登校だからという理由で落とされることはありませんが、面接時や書面などで理由説明が求められます。
また、受験時まで不登校状態が続いている場合には、例え学力が十分にあったとしても、合格の可能性はまずありません。高校側が、「合格させても通えないのでは?」と判断してしまうためです。

2.成績

何度もいいますが、欠席日数は気にする必要はありません。
ただし、欠席日数が多い場合には、各教科の成績がグッと下がってしまいます。
岐阜県の公立の一般選抜の場合、中学3年間の成績が評価の対象になるので、一度でも不登校の時期があると、かなり不利になってしまいます。

以上のことから、過去に不登校の時期があったというお子さんなら、公立の一般選抜、私立の一般入試ともに可能性が十分にあり、これからの成績次第で十分挽回できます!
ただし、受験時まで不登校が続くお子さんの場合は、全日制の高校に行くことはまずできません。

該当高校:

   多数あります。
   詳しくは岐阜県高校入試情報へ


岐阜の家庭教師デスクスタイル電話によるお問い合わせは 0120-719-817 pm2:00-10:00(土日祝日OK)

※今なら特別に、無料体験を申し込んでいただいたご家庭に限り、『岐阜県高校受験情報小冊子』を無料で進呈させていただいています。興味のある方は0120-719-817(pm2:00~10:00)まで、お早めにご連絡いただけたらと思います。

ページトップ