塾、家庭教師の正しい選び方今のお子さんのレベルにピッタリの勉強方法とは?

TOP > 不登校サポート

不登校サポート

不登校のお子さんの家庭教師

お子さんの個性を尊重し、その子の段階に合わせて
学校の勉強内容を基礎から丁寧に指導しています!!

不登校の状況

不登校に悩む母と子

全く学校に行っていない:
「学校にずっと行けずにいます。無理して学校に行ってほしいとは思いませんが、今後の進路が心配で・・・」

休みがち:
「夜型の生活になってしまい、朝が弱いんです。だから遅刻が多くて、休んでしまうことも多いんですよ・・・正直、勉強が二の次になってしまっていて・・・」

昔休んでいた:
「最近は学校に行ってくれるようになったんですが、 休んでた期間の勉強ができてなくて・・・・」

やる気がない:
「うちの子ホントにやる気なくて、 学校休んで、友だちと夜まで遊んで家に帰って来ない事もあるのよ」
デスクスタイルではこういった相談をよくいただきます。

不登校のお子さんの指導

2009年の調査によると、全国で12万人(小学中学生で)の不登校の生徒がいます。
昔は不登校というと、ただ単純に「気持ちが弱い子」というとらえられ方でしたが、最近は不登校生が問題視され始め、数多くのサポート機関・カウンセリングが出来ました。

しかし、学校に行けない理由は、子どもの数だけあります。
そのため、それらのサポート期間が「全ての子に有効」というわけでは決してありません。また、それらのサポートにより改善に向かったとしても、すぐに学校に復帰できるほど順調に行く事はまれで、長期的に見守らなければならなくなります。

その間、ただ復帰するのを待ちますか?不登校に悩む生徒

「触らぬ神に...」と何もせずにいるお母さんもいらっしゃるようですが、学校を休んでいる間に授業はすすんでいきます。
勉強できない期間が延びれば延びるほど、お子さんの負担は増えて、余計に復帰のハードルは高くなってしまうのです。
また、学校に行かず人とのコミュニケーションが減る事によって人付き合いも苦手になり、社会でも通用しにくくなってしまいます。

ですから、お子さんが勉強や人とのつながりから完全に離れてしまわないよう、無理なく勉強を進められるような環境づくりが必要です。ですから家庭教師のデスクスタイルでは、マンツーマンの長所を生かし、お子さんの段階や状況に合わせた指導をしています。


個別の長所を活かした指導のポイント

岐阜の家庭教師デスクスタイル電話によるお問い合わせは 0120-719-817 pm2:00-10:00(土日祝日OK)

ページトップ